So-net無料ブログ作成
検索選択
家庭向け節電サイト|電力使用状況お知らせブログパーツ
アルコール批評 ブログトップ

金麦 [アルコール批評]


サントリー 金麦 500ml×24缶

サントリー 金麦 500ml×24缶




どうも、あまり旨いと感じない。
妙に薬くさい香りがする。
酸味は強くない。
甘みが少し強い。

全体としては悪くないが、薬くさい香りのせいで酒としての楽しみが殺がれている。

共通テーマ:グルメ・料理

EARLY TIMES [アルコール批評]





バーボンウィスキー。
いたってオーソドックスでくせのないバーボンらしいバーボン。
80proofなので、ストレートでクピクピいけます。

共通テーマ:blog

ワンカップ大関 ブラック 200ML [アルコール批評]





所謂、合成酒、なんですが。
何がブラックかというと、他の合成酒と違って、糖類や酸味料を添加していないのです。
米、米麹のみで醸造すれば純米酒とかになりますが、これは醸造アルコールを加えて増量したものです。
醸造アルコール、ってぇのは、大豆を醗酵させて作った「純粋な飲用エチルアルコール」なわけです。
日本酒はイロイロなアミノ酸やら糖やら雑多な含有物やら、ごく微量のイソプロピルアルコール(猛毒)が含まれているゆえに旨いんですが、醸造アルコールはタダのアルコールなんで味も何もありません。

なんで、この酒は、ナンですか、味のうすい純米酒、てきなー。
だから、いいんじゃない。


共通テーマ:グルメ・料理

メルシャン ビストロ [アルコール批評]





さて。
新シリーズです。

わたしは、ワイン好き。
でもね、高級なのじゃなくて、ヴァン・ド・ターブル、つまりテーブルワインが。
今まで、日本じゃこのテのワインは無かったnだけど、ようやく登場。

ヴァン・ド・ターブル、ってぇのは単なる安ワインじゃあない。
手頃な価格で、食事に合わせておいしく飲める。
あちこちの醸造所の、「安くてウマイ」ワインをあつめて、手際よくブレンドして作る。
手馴れた経験がないと「安くてうまいヴァン・ド・ターブル」はできない。

これは、「日本」の「ヴァン・ド・ターブル」である。
ライトボディ
当然だね、和食に合わせるなら。

赤は普通、開栓したら1週間は置かないとウマく飲めないけど、さすがは、ヴァン・ド・ターブル、イキナリおいしく飲めちゃいます。

値段もお手頃。
ウマくすれば、「日本の日常」にテーブルワインが組み込まれるかも。

共通テーマ:グルメ・料理
アルコール批評 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。